蒔 絵 展 秀作茶道具展
煙管
ID 部門 道具名 写真
01494煙管煙管 玄々斉 淨益詳細説明
02612煙管如心斎好筋煙管一双 浄益作
《長さ14.4寸》【中川浄益】 千家職方 金物師 錺師 現在11代にて中断。【11代浄益】 名 吉右衛門 不言浄益 号 紹真 平成20年没 87歳
詳細説明
火入
ID 部門 道具名 写真
02747火入香炉釉一双火入 了入作詳細説明
04677火入青楽鉢の子火入 惺入・10代浄益作
《径6.11寸 高さ5.14寸》 【鉢に子火入】 元伯宗旦の所持。本歌は青磁の鉢、火入に見立てたもの。宗旦のころより煙草が席中の持ち込まれたといわれてる。
詳細説明
04946火入惺斎好紫交趾花唐草火入 得全
【解説】紫交趾に花唐草紋を彫り、そこに金箔を埋め込んでいます。大きさと形は、如心斎好み香炉釉を基にしているようです。明治42年に惺斎宗匠が好み、永楽家14代得全が制作しています。元来一双にて制作されたものです。
詳細説明
火箸
ID 部門 道具名 写真
00183火箸鵬雲斎好 桐実頭飾火箸 大西清右衛門
《商品番号00182と同じ飾火箸ではありますが、先代浄心と当代では感じが違います》
詳細説明
04846火箸利休形 桑柄火箸 大西浄心作
《長さ9.6寸》
詳細説明
04935火箸了々斎好炉用火箸11代浄益作即中斎書付
≪長さ9.34寸(28.3㎝)≫ 【解説】 表千家9代家元了々斎が好んだ炉用桑柄火箸です。利休形と言われる桑柄火箸が原型となっています。桑柄の部分に面取りが施され持ちやすいのが特徴です。13代家元即中斎の書付があります。昭和30年代の書付と思われます。
詳細説明
05057火箸素張瓢透火箸 時代詳細説明
花入
ID 部門 道具名 写真
01500花入竹尺八花入銘徒能毛し(たのもし 吸江斉作詳細説明
04265花入鯉耳花入 慶入作
【解説】   ≪慶入≫ 文化14年(1817)~明治35年(1902) 丹波桑山郡千歳村国分庄の造酒屋小川家の3男。旦入の娘婿。 弘化2年11代吉右衛門襲名。明治4年隠居。 諱善貫   ◆薄端の花入れは、唐物古銅に多く見られます。楽焼では、3代道入の作品が有名です。楽では、最初かもしれません。一説では、宗旦の好みともいわれています。
写真準備中
詳細説明
04744花入丹波焼うずくまる花入 仙叟在判
《直径3.2寸 高さ2.9寸》
詳細説明
04859花入籠花入 時代
《径6.66寸 高さ8.15寸》
詳細説明
菓子器
ID 部門 道具名 写真
01442菓子器鉄仙蒔絵喰篭 時代詳細説明
01627菓子器和全作 呉須赤絵喰篭詳細説明
03902菓子器唐津焼手付鉢
《径6.65寸×5.75寸 高さ3.9寸》
詳細説明
懐石道具
ID 部門 道具名 写真
00035懐石道具 利休形風炉用飯器 宗哲
【解説】利休形として伝わる飯器です。現在は、流儀によりこれを風炉の茶事で用いています。手がついているので、手飯次ともよんでいます。金製の杓子を合わせるのが一般的です。これも、浄益作の黒味色の杓子が付いています。塗の宗哲は3代となります。
詳細説明
03585懐石道具玄々斎好 古曽部焼信玄弁当5客
《径3.97寸 高さ3.83寸》
詳細説明
04342懐石道具溜塗一閑長盆(大小) 一閑作
No04342 溜塗一閑長湯盆大小 飛来一閑作現在は通称として「長盆」といわれ、懐石の椀などを複数個まとめて持ち出すのり便利なものとして使われるが、元来は、懐石の最後に湯桶を持ち出すためのお盆であり、この作品の箱書きも「長湯盆」としてある。
詳細説明
04434懐石道具上り子椀 坪椀 平椀 5客組 8代宗哲
【上り子椀】 利休形といわれている。口が反っているのが特徴。飯椀、汁椀、坪椀、平椀の組になっていることが多い。この内、平椀のみが碁笥底になっている。 【8代宗哲】文政11年(1828)~明治17年(1884) 名:八郎兵衛 号:到斎 大徳寺大綱和尚より学ありとして「聴雨」の号をもらう。精力的に仕事を行うかたわら、俳句などの趣味も多才であった。井伊家「月次茶器」碌々斎好「既望棗」などが有名。
詳細説明
04569懐石道具利休形真塗汁次鍋 8代宗哲作
《横8.90寸 縦7.03寸 高さ6.72寸》【解説】茶事に於ける懐石料理にて客の汁を替えますが、普通1椀つつ水屋に持ち帰り新しい汁を持ち出しますが、昔は、汁器を持ち出し、各自に取り回しをしてもらうことが多くあったようです。覚々斎好みの鉄汁器や唐金もありますが、利休は唐金に黒漆を施したものを好んでいます。
詳細説明
04572懐石道具覚々斎好 蛤向皿(5) 了入造
4572 覚々斎好 蛤向皿(5) 了入造    覚々斎好なのでおそらく本歌は左入または長入の作ではないでしょうか。    覚々斎は延宝6年(1678)久田宗全の子として生まれました。宗全は表千家5代隋流斎の兄にあたり久田家の当主として活動をしていました。隋流斎には跡取りがおらず、自身の出でもあった久田家より兄宗全の長男覚々斎(当時 勘太郎)を養子としてむかえています。    覚々斎の時代は茶の湯人口が急激に増えたといわれています。それゆえ好み物という本人が良いと思う形などで茶道具を作ることも多くなっています。特にこの時代の茶会は、現在でいう茶事のことを指すことが多く、おのずと茶事道具の好物が多くなっています。とりわけ、覚々斎は蓬莱絵煮物椀や向付など多く見られます。    この蛤向付は、楽家9代了入の作であり、楽の印から了入中期(33歳から隠居56歳)の間の物とわかります。
詳細説明
04867懐石道具雲華焼灰器 炉用 寄神崇白作
《径6.65寸 高さ2.12寸》 【3代寄神崇白】 昭和12年生まれ。京都在住。昭和50年3代目襲名。窯名 桂窯。飛鳥時代より代々法隆寺、平安神宮などの瓦を焼く職人であったが、明治に入り土風炉師に転向。
詳細説明
蓋置
ID 部門 道具名 写真
00322蓋置唐金糸巻蓋置 時代詳細説明
01341蓋置竹蓋置一双 正玄作詳細説明
02971蓋置竹蓋置 炉 碌々斉在判
《径1.68寸 高さ1.79寸》
詳細説明
ID 部門 道具名 写真
00015了々斎好 姥口刷毛目釜 了保 了々斎
【解説】啐啄斎好み鉄道安風炉に合わせて了々斎が好んだ釜。表千家に伝わる物の箱書きには、了々斎により「文化八末年閏二月中二ノ九 佐兵衛初テ作不審庵へ寄附之」とあります。文化8年は、了々斎が家元を襲名した3年後で37歳のときにあたります。【奥平佐兵衛】 ~嘉永5年(1852)。大西家9代淨元の次男にあたります。大西家8代淨本が早世したため、大西家7代浄玄の門人で信濃国飯田奥平善四郎の子巳之助が大西家に養子に入り9代淨元となります。その後淨元の子二人の内、長男は10代淨雪として大西家を継ぎ、次男が奥平性を名乗り奥平家初代となりました。通称佐兵衛、号了保。なお、大西淨元も佐兵衛を名乗っていましたので、こちらを佐兵衛淨元、奥平を佐兵衛了保などと言います。兄の大西家10代淨雪と共に、近世の名人といわれ多くの作品を残しています。
詳細説明
00619梔子環付筒釜 大西淨久作
【解説】大西浄久作 のんどり釜。「のんどり」とは、方言で「のんびり」の事を指すそうです。撫肩で優しい感じがします。鐶付は、梔子の実です。作者の大西浄久は、京都大西家2代、名工として知られる「浄清」の弟で、やはり名工として名を馳せています。小堀遠州の釜師であり、綺麗な肌が特徴です。
詳細説明
02063博多芦屋平丸釜 風炉 垤志極
No 02063  品名 博多芦屋 平釜 桃山時代 長野姪志極 解説  【脇芦屋】   中国漢の時代釜は「フ」といわれ、物を煮るためのものでした。その中で湯を沸かすものを「鍑」(フク)と称していました。日本に伝わり、江戸時代の始めころまでは、鑵子(カンス)と呼ばれていました。   釜の日本への伝来は、中国と新羅からで中国からのものは、主に西、代表的には筑前芦屋 新羅系統は東、代表的には天命と言われます。   その後茶の湯の隆盛などに伴い、芦屋 天命などを中心に釜が作られますが、その後諸事情による芦屋の衰退により、芦屋の工人が全国に流れます。また、天命も授受に生産を減少させていきます。代わりに重要が多い京都などにその生産拠点が移っていきます。一方流れた芦屋の工人は全国各所で制作に携わります。「越前」「伊勢」「播磨」「博多」「石見」「肥前」「伊予」「河内」として分類し、通称「脇芦屋」と呼んでいます。  【博多芦屋】   芦屋より移住した職人が中心に制作に関与しています。黒田長政が博多に封じられたとき築城また武器鋳造のため芦屋より呼び寄せたことが大きく影響しているようです。 材質は、従来の和銑と違い南蛮鉄が中心です。溶解温度もやや低く、成分上柔らかく加工が容易なのが特徴です。
詳細説明
02716少庵好 巴霰釜 庄兵衛作詳細説明
03336古天明透木釜 大西極
囲炉裏を茶室に取込んだ侘茶創設のころの釜は、日常雑器を転用しているものが多く、「平釜」「手取釜」「丸釜」の3種と言われている。この釜は、典型的な「平釜」であり、日用の釜であったことが想像される。【天明釜】  下野の国佐野にて制作された釜。多くは、素紋、鐶付も遠山などの簡素なものが主流。  侘茶の創成期に好まれ、利休所持と伝えられる釜にもいくつか存在する。
詳細説明
04496真形釜 慶長時代
《径8.55寸 高さ5.85寸 口径4.4寸》 【解説】 真形釜の形や鐶付の位置から筑前芦屋の流れを汲む「脇芦屋」であると思われます。長野姪志氏も石見芦屋の様だと書いています。また、雅味があるとも書いていて、侘茶の風情を感じます。
詳細説明
04694肩付糸目釜 伊予芦屋 長野垤志極
04694 肩付糸目釜 伊予芦屋作 長野垤志極 伊予芦屋は、四国伊予地方特に愛媛県川内町を中心に作られた釜で、文献「萬寶全書」には太閤時代と記述があります。伊予釜はよく、伊勢釜と間違えられることが多いようです。確かに似てるところが多いのですが、伊予釜の特徴は、肩付釜が多く、肌に糸目を施しているものが多いことでしょう。 この釜は、長野垤志氏の極めにて慶長時代の作品とされています。鐶付は茄子、やや温いところも伊予釜らしく思われます。肩に菊の図があるのですが、錆にてはっきりとはわかりません。共蓋と唐金蓋がついています。
詳細説明
04801又妙斉好住吉釜 彦兵衛作 鵬雲斎書付
【住吉釜】 又妙斎好 風炉用 大正5年(1916)住吉神社にて昭和天皇の立太子を祝う献茶式が執り行われた。この記念に住吉大社に伝来する芦屋釜を写し又妙斎が好んだもの。吉向作の住吉風炉も好まれ添っている。合わせて、炉用も好まれた。
詳細説明
04848鵬雲斎好鶴雲釜 角谷與斉作
《径8.63寸 高さ7.69寸》 【解説】 昭和42年の好み。3代角谷與斉作。口作り立上りに15世に因んで15本の筋を入れている。胴の部分に鶴が2羽向かい合って、裏に鶴1羽と15代の花押が鋳込まれている。鐶付は雲。蓋の摘みは銀杏、座が銀杏の葉になっている。
詳細説明
建水
ID 部門 道具名 写真
02549建水碌々斎好海松桶建水 利斎作詳細説明
04678建水建水
04678南蛮内渋建水南蛮焼は、東南アジア・中国南部産素焼陶器の総称ですが、種類は様々です。内には釉薬のかかっているものもあります。16世紀初頭頃から茶人に珍重され、特に水指、建水、灰器が有名です。内渋とは、水等が漏れないために施されたのでしょうが、産地にて行われたか、日本にて茶人の要望にて行われたのかは、不明です。此の建水は、典型的な南蛮内渋のもので、大きさもこのように建水としてちょうど良いものは、貴重です。
詳細説明
香合
ID 部門 道具名 写真
01562香合吸江斉好 菊置上香合 印章拝領記念
【解説】 紀州徳川家10代藩主治宝は、隠居後和歌山西郊に造営した別邸西浜御殿内偕楽園にて、文政10年に楽旦入、保全、仁阿弥道八らを招き御庭焼(偕楽園焼)を行った折、保全に対し「河濱支流」の金印と「永楽」の銀印を与えました。保全は、その印章披露のため翌年この香合を200個制作し、知人に配りました。蓋裏に「河濱支流」底に「永楽」の印を押しました。吸江斎が好みとして朱書を蓋裏にしています。
詳細説明
02961香合了々斎好踊切香合 了々斉詳細説明
04631香合古染付四方香合詳細説明
05024香合一閑冠香合 飛来一閑作 即中斎書付詳細説明
05058香合九谷焼蜜柑香合 時代詳細説明
ID 部門 道具名 写真
00177 無門関 寂室元光
《幅116㎝ 長さ63㎝》 【寂室元光】 正応3年(1290)~貞治6年(1367)。備後美作の人。近江永源寺開山。31歳のとき入元、天目山の中峰明本に参禅し、その「山居思想」をしたい、生涯世間との交渉を断ち、天皇・将軍などの招致も固持。権力をもしりぞけ山中に隠遁の生活を送った.書をよくし、特に偈頌に長じていた。
詳細説明
00729呉春筆 蜘蛛の巣に散紅葉
【松村呉春】 寛保2年(1742)~文化8年(1811) 四条派の始祖。京都金座年寄役松村匡程の長男。与謝蕪村、円山応挙に学び、蕪村の南画と応挙の写実的描写法を織り交ぜ独自の画法を確立しました。俳句、茶、碁、将棋なども嗜む文化人としても知られています。松村景文は弟にあたります。京都四条東洞院に住まいがあり四条派と言われました。
詳細説明
01099大徹筆一行 露堂々 鵬雲斎書付
《長さ57.8寸(175㎝) 幅9.8寸(29㎝)》 【大徹宗斗】 明和2年(1765)~文政11年(1828) 大徳寺430世 摂津国の人。 裏千家10代認得斎の参禅師として知られる、大徳寺407世大順宗慎の法系を継ぐ人で、自身も千家との関係も深く、茶の湯の好んでいたことが知られています。 【露堂々】 出典:五灯会元 露は、あらわれるの意味。堂々は、かくさないさま。一般には、「真理は、難しく隠れて見えにくいものと思われるが、実は目前に堂々と露になっている」と解釈します。
詳細説明
01480即中斎筆 短冊 銘祥鳳詳細説明
02564大龍宗丈筆一行 萬歳々萬々歳
《萬歳萬歳萬々歳》 《奉勅前住大徳賜業沙門大龍叟書》 【大瀧宗丈】 元禄5年(1692)~寛延4年(1751) 大徳寺341世 玉林院住職 号簑庵 *茶の湯を好み、如心斎・一燈・不白などの参禅の師として知られる。号の簑庵は玉林院内に大坂の豪商鴻池了瑛(りょうえい)が造えした表千家7世如心斎宗左の好みによる茶室。
詳細説明
03082短冊 鷲尾隆康筆 河中島
《長さ147㎝ 幅26㎝》 《読み》川千鳥 かわちどりなににこころを川しまのなみのよるよるただすなくらん 【鷲尾隆康】室町時代の公卿・歌人。正二位権中納言。天文2年(1533)歿、49才。日記『二水記』が有名。
詳細説明
03400奥谷秋石自画賛 黄初平詩
《長さ186㎝ 幅33㎝》 【解説】中国の人「黄初平(こうしょへい)」の伝説を絵にして、自ら賛をしたもの 。黄初平は「列仙伝」などにでてくる仙人。15歳の時羊飼いをしていたところ道士に見込まれ金華山に連れていかれ仙人となり、不老不死となった。訪ねてきた兄に白い石を一万頭の羊に替える伎を見せた。 【奥谷秋石】明治4年(1871)~昭和11年(1936)大阪の人。森寛斎の弟子。茶道を裏千家14代淡々斎に学び、淡々斎は秋石に絵を習った。
詳細説明
03560即中斎筆 扇子賛 東天紅 扇子掛添
《縦31㎝》
詳細説明
03773蓮月筆白蔵主自画賛
《長さ119㎝ 幅52㎝》《読み》人はかるさが野の原の夕まぐれおのが尾花やそてと見すらむ
詳細説明
03868即中斎筆一行 霜月照清地
《長さ186㎝ 幅34㎝》
詳細説明
03887川上閑雪筆 横物 寿
《長さ66㎝ 幅122㎝》
詳細説明
03926仙樵二行
《長さ184㎝ 幅30㎝》
詳細説明
03934仙樵一行 二由一有一亦
《長さ187㎝ 幅30㎝》 《読み:解釈》二は一に由て有、一も亦守る莫れ 
詳細説明
03998雪窓色紙詳細説明
04311大亀筆一行 深雲古寺鐘
《長さ182㎝ 幅31㎝》
詳細説明
04469軸 瑞厳筆一行 紅塵..
【解説】 瑞頑宗碩(1875~1965)=大徳寺503世(9代管長) 
写真準備中
詳細説明
04722清涼筆一行 江月照松風吹
《長さ175㎝ 幅24㎝》
詳細説明
04789瑞巌筆一行 青松多寿色
《長さ187㎝ 幅33㎝》
詳細説明
04808軸 明堂 梅の絵
《長さ162㎝ 幅27㎝》 【明堂宗宣】明和5年(1768)~天保8年(1837)大徳寺429世 号春米子。書画をよくし、特に画を得意とする。丹波篠山の出身。
詳細説明
04849白菊の絵 玉渓画 淡々斎賛 香遠益清
《長さ137㎝ 幅54㎝》
詳細説明
04850剛堂筆一行 玄談従茗熟
《長さ175㎝ 幅31㎝》 【剛堂宗健】大徳寺427世 表千家9代了々斎参禅の師。
詳細説明
04851梅の絵 寺崎広業
《縦203㎝ 幅43㎝》
詳細説明
04852建長寺 雲華室筆 夢詳細説明
杓立
ID 部門 道具名 写真
04961杓立如心斉好青柄杓立 長入作
≪経2.53寸(7.7㎝) 高さ5.95寸(18㎝)≫ 【解説】如心斎好青杓立の本歌です。先代覚々斎好唐銅杓立を基本に青楽にて長入に依頼作らしたものです。 楽長入=正徳4年(1714)~明和7年(1770)6代左入の長男。享保13年に13歳で吉左衛門を襲名し、宝暦12年(1762)隠居しています。
詳細説明
水指
ID 部門 道具名 写真
03242水指常滑焼平水指惺斎書付詳細説明
04314水指浅黄交趾末広水指 即全造 即中斎書付
04314浅交趾荒磯末廣水指 即全造 即中斎書付荒磯の文様は名物裂「荒磯緞子」から転用したものでしょうか?交趾の色も様々で黄、紫、青などさまざまです。永楽11代保全が荒磯模様を水指にしたのが始まりと思われます。以後永楽歴代が自分なりの形や色にて製作しています。末廣形は珍しいです
詳細説明
04879水指二川焼 大甕水指
《径11.72寸 高さ9.90寸》 【二川焼】 筑後の国三池郡二川の陶芸。肥前弓野山の陶工が西南の役(明治10年)にて廃窯なったものを再興した。土は、唐津などの似て鉄分の多い赤褐色で、薄く白地釉薬を塗ってある。この作品のように松の等の絵を大胆に描いていることが多い。この素朴さが茶席に大変似つかわしく、盆を蓋にして水指として席中にて使われるようになった。弓野焼の影響を強く引いているので、これも「弓野焼」の可能性がある。
詳細説明
炭取
ID 部門 道具名 写真
00088炭取 サザエ炭取 飛来一閑作
【解説】 サザエ籠の銘は、文字とおりサザエを入れる籠から発想されたものと思われます。利休の茶会に招かれた人が手土産としてサザエをかごに入れて持参し、利休は、直ちにその籠を炭取として使用したという伝説があります。宗旦以下、千家歴代の家元が海辺の籠を好みとしています。この籠も、表千家6代覚々斎が好んだものです。千家職方「飛来一閑」の作となります。
詳細説明
01448炭取時代煤竹炭取詳細説明
03740炭取時代ダルマ形炭斗
《径8.88寸 高さ3.83寸》
詳細説明
03875炭取了々斉好油竹炭斗一閑作即中斎書付詳細説明
茶杓
ID 部門 道具名 写真
01037茶杓吸江斎茶杓 落葉
【解説】 表千家10代家元吸江斎作茶杓 銘落葉。吸江斎らしい、細身で、櫂先が優しく曲げられているのは、いかにも吸江斎らしい茶杓です。吸江斎は、文政元年(1818)生まれ、万延元年(1860)没、43歳。表千家9代了々斎には、長男与太郎がいましたが、文政6年に亡くなっています。更に、文政8年には、了々斎も51歳で亡くなっており、久田家より吸江斎(幼名達蔵)が、文政9年9歳にて表千家に養子に入り、家督を継ぎます。
詳細説明
02621茶杓碌々斉作茶杓 銘 老鶴詳細説明
03084茶杓卆啄斉作茶杓 二百内一太刀 即中斉箱詳細説明
03735茶杓即中斎作茶杓 銘松風詳細説明
04831茶杓即中斎作二つ節茶杓 銘榊
《長さ6.25寸》  【即中斎】表千家13代家元 明治34年(1901)~昭和54年(1979)。12代惺斎の次男。昭和12年家元襲名。無尽宗左。惺斎長男不言斎宗員が家元を継ぐ予定であったが、惺斎が亡くなる前年に急死したため、宗員を名乗らず家元を継いだ。即中斎の号は大徳寺「晦巌和尚(大梅)より与えられ、「説似一物即不中」より名付けられた。*箱書から見るに、昭和20年前後の作と思われます。
詳細説明
茶入
ID 部門 道具名 写真
00091茶入鴻池家伝来 源十郎茶入 荒木宗充 鴻池家伝
【解説】大阪の豪商鴻池家の所蔵であった瀬戸源十郎の茶入です。    源十郎という名前は、いくつか出てきますが、この茶入れ作者の源十郎は、美濃国大萱窯の開祖「加藤源十郎」のことと思います。その端正な形が特徴ですが、一説には、小堀遠州の影響があるとも言われます。大阪の豪商「鴻池家」に伝来したもので、当時鴻池家の蔵番である、「荒木宗充」の書付があります。また、遠州流家元小堀宗慶宗匠が、外箱蓋裏に書付をしております。
詳細説明
04843茶入瀬戸茶入 加藤芳右衛門作
《径2.32寸 高さ3.37寸》【加藤芳右衛門】1932年 - 2009年  岐阜県の無形文化財保持者、加藤十右衛門の長男。号十鳳。八坂窯継承者
詳細説明
茶碗
ID 部門 道具名 写真
01764茶碗唐津茶碗 時代詳細説明
04749茶碗絵御本海老の絵茶碗
《径3.6寸 高さ2.6寸》 【出雲焼】 島根県出雲地方の焼物の総称。特に楽山焼、布志名焼が有名。
詳細説明
04762茶碗出雲焼伊羅保写茶碗 時代
【出雲焼】  島根県出雲地方の焼物の総称。特に楽山焼、布志名焼が有名。【楽山焼】  松江藩主2代綱隆が長門国毛利公より陶工「倉崎権兵衛」を所望従事させたのが始まり。2代加田半六と継承し4代の後一時廃窯。宝暦6年松平不昧が布志名の陶工「長岡住右衛門」を5代楽山窯に抜擢し現在12代。【岡田雪臺】  松江藩主7代治郷(不昧)の養子。後に岡田家の養子となる。
詳細説明
04866茶碗大樋黒茶碗9代長左衛門 即中斎書付春庭
《径3.97寸 高さ2.61寸》
詳細説明
05110茶碗仁清撫子平茶碗 久宝 鵬雲斎詳細説明
鉄瓶
ID 部門 道具名 写真
04938鉄瓶唐銅風炉(小)時代詳細説明
風炉
ID 部門 道具名 写真
03398風炉道安風炉 宗白作写真準備中
詳細説明
04701風炉青釉紅鉢 慶入作
04701 青釉紅鉢 慶入作 【外径37.0㎝ 内径32.5㎝ 高さ19.0㎝】楽家11代慶入は、丹波の造酒屋の家に生まれ11歳頃楽家に入り後に旦入の婿養子となり、弘化2年に吉左衛門を襲名しています。明治4年隠居し、慶入を名乗りますが、作陶を続け明治35年86歳にて他界しています。慶入は、歴代の中でも取分け茶道に熱心で、表千家碌々斎より皆伝を伝授されています。この紅鉢は、隠居後の作品で慶入らしい落ち着いた雰囲気があります。
詳細説明
04741風炉鉄地蔵堂風炉 浄元作
《径1尺8分 口径6.9寸》
詳細説明
風炉先屏風
ID 部門 道具名 写真
01170風炉先屏風鵬雲斎好瑞鳳腰風炉先 奥村作 鵬雲斎書付
《高さ72.2㎝》 昭和40年鵬雲斎のお好み。浅黄地の鳥の子に金砂子の雲、金彩の鳳凰を描いている。11代奥村吉兵衛作。
詳細説明
04488風炉先屏風鵬雲斎好桑菊桐風炉先 光春作写真準備中
詳細説明
炉縁
ID 部門 道具名 写真
00110炉縁 栗木地 小兵衛 鵬雲斎
【解説】 京都指物師5代一瀬小兵衛作栗木地の炉縁です。 【一瀬小兵衛】 一瀬家は、千家職方駒沢家の別家として代々続く家です。当代にて6代を数えます。この作品の5代小兵衛は、昭和6年の生まれです。昭和56年に襲名をしております。
詳細説明
04287炉縁青海波壺々蒔絵掻合塗炉縁 近左作
《幅1.4寸 高さ2.15寸》
詳細説明
ID 部門 道具名 写真
00074 了々斉好春野棗 利休好秋草棗一双 10代宗
《径2.52寸 高さ2.48寸》2個共【解説】利休所持秋野蒔絵棗と了々斎好春の野棗の組合せです。秋野棗は、利休の所持した蒔絵の棗の中で最も有名なものです。蒔絵の技法は、平蒔絵で最も簡素なものです。春野棗は、了々斎が秋野棗に対して好んだものです。この時も、秋野棗と一双にして作られたようです。了々斎は、この一双の棗を作り置きにて没したそうで、本歌の箱書きは次代の吸江斎となっています。この作品は、本歌とおりに写しており、大きさも同じです。10代宗哲の作となります。
詳細説明
00114 つぼつぼ棗 黒小棗 宗哲作 如心斉
【解説】 利休形黒小棗と如心斎好みツボツボ蒔絵大棗の組合せとなっています。黒小棗は、3代宗哲の作となっており、共に如心斎の花押が蓋裏に朱書されています。特にツボツボ蒔絵大棗は、「ワン判」という珍しい花押が書かれています。【ツボツボ】 ツボツボは千家の替え紋として宗旦が取り上げたものと言われています。伏見稲荷の小さな入れ物がその元だそうです。子供たちのおもちゃとも、新築や席披きなどの物事の始めのお清めとして売られていたものとも言われており詳細は不明です。
詳細説明
01414鵬雲斎好鳳凰竹大棗 正玄作  鵬雲斎書付詳細説明
04794黒小棗 蕨羊歯蒔絵 不白書付
《径1.92寸(5.8㎝) 高さ1.92寸(5.8㎝)》
詳細説明
茶事道具
ID 部門 道具名 写真
00142茶事道具 青楽 膳燭一対 慶入作
【解説】青釉、楽焼の膳燭です。11代慶入の作で、判から12代に職を譲り隠居した後の作品であることがわかります。膳燭とは、夜咄など夜行う茶会にて懐石時に用いられる照明器具であります。【慶入】 楽家11代。文化14年生まれ。丹波の造り酒屋小川家の子。旦入の養子となり、弘化2年(1845)に11代吉左衛門襲名。
詳細説明
02444茶事道具青鸞羽一羽 一閑作 淡々斎詳細説明
04855茶事道具雲華焼風炉灰器 山崎宗元作
《径5.79寸 高さ1.63寸》 【2代山崎宗元】大正12年生まれ。初代宗元が昭和9年に京都より加賀に移住、以後加賀在住。現在3代目。この作品は2代宗元。
詳細説明
04923茶事道具利休形風炉灰匙 高木治良兵衛作詳細説明
04944茶事道具利休形真塗手燭一対詳細説明
04998茶事道具竹檠 利斉
解説】駒沢利斎作竹檠(ちっけい)です。夜咄など茶室に明かりが必要なとき用いられます。上部に土器などを置き油と灯芯にて明かりを取ります。手が有るものと無いものがあり、無いものは仙叟好みと言われますが定かではありません。小間のみに使用するという説がありますが、限ることではありません。
詳細説明
蒔絵
ID 部門 道具名 写真
05103蒔絵大恒昌訓 秋蒔絵香合詳細説明
05108蒔絵豊平翠香 水車蒔絵香合詳細説明
その他
ID 部門 道具名 写真
01301その他鵬雲斎好 掻き合せ大板 宗哲 鵬雲斎書付
《縦1.4寸(44㎝) 横1.19寸(36.2㎝)》 【解説】 鵬雲斎宗匠好み掻合塗の大板です。現在大板は1.4寸四方の物を指すことが一般ですが、昔の寸法録などには、大の長板を半分にしたものを別名半板として載せているものを見ます。この大板は、その昔呼んでいた大板の寸法になっているように思います。 【11代宗哲】  明治32年(1899)~平成5年(1993) 号 元斎。9代宗哲の次男として生まれ、12歳で父9代と死別します。16歳で千家に出勤し、大正14年先代の印を用いて政策を初めました。俳句や書画を好み、昭和60年87歳の折に12代弘子氏に後を託し隠居しました。
詳細説明
02599その他南蛮鉄梅象眼火道具一式 浄益 即中斎詳細説明
03042その他利休形腰黒やかん(小) 浄益
《横5.82寸 縦5.04寸 高さ7.03寸》
詳細説明
03402その他久田好短冊掛 小兵衛 吉兵衛作
《縦2尺1寸1分 横2.96寸》
詳細説明
03536その他板文庫すずりセット写真準備中
詳細説明
04625その他道爺作 鉄象嵌入釜鎖 大西極
《長さ 205㎝》
詳細説明
04856その他根来塗 菜桶 治兵衛作
《径8.67寸 高さ8.70寸》 【2代村瀬治兵衛】 昭和2年生まれ。名古屋生まれ。昭和51年2代治兵衛襲名。現在3代目治兵衛
詳細説明
04885その他丹波焼 茶壺 石田陶春作
《径7.94寸 高さ8.85寸》 【石田陶春】昭和19年生まれ。兵庫県加古川出身。森本陶谷に師事。
詳細説明
04887その他信楽焼 敷瓦
《横10.69寸 縦11.35寸 厚さ1.22寸》
詳細説明
04939その他宗完好竹縁黒四方盆 宗あ伝作 宗完書付
《幅7.55寸(22.9㎝) 高さ0.95寸(2.9㎝)》 【解説】 桐木地に黒掻合塗の四方盆です。四方の縁を竹にて囲んでいます。朱にてツボツボの絵を堀内宗匠が描いて、堀内宗匠のお好みとなっています。 【黒田宗伝】 初代は、千家職人10代黒田正玄の次男として明治4年に生まれています。その後明治29年に分家し、宗伝の名にて制作を開始します。代々にわたり、千家、久田家、堀内家、三井家、大徳寺、建仁寺、などから幅広く注文を受け、活躍され当代にて4代目となります。
詳細説明
04967その他少庵形炉用灰匙 8代中川浄益作
【解説】 8代中川浄益作少庵形桑柄炉用灰匙。共箱はなく、紙袋に書付しています。      8代中川浄益=天保元年(1830)~明治10年(1877) 7代浄益の養子。三井家の番頭麻田佐左衛門にて、嘉永元年(1848)19歳で養子になりました。明治元年日本の伝統文化・技術の衰退を憂慮し、浄益社を設立し京都博覧会やウィ-ン万国博覧会などに出展しています。
詳細説明
04968その他利休形風炉用灰匙 8代中川浄益作詳細説明