ID 00015
部門
道具名 了々斎好 姥口刷毛目釜 了保 了々斎
価格 2,000,000円
説明 【解説】啐啄斎好み鉄道安風炉に合わせて了々斎が好んだ釜。表千家に伝わる物の箱書きには、了々斎により「文化八末年閏二月中二ノ九 佐兵衛初テ作不審庵へ寄附之」とあります。文化8年は、了々斎が家元を襲名した3年後で37歳のときにあたります。【奥平佐兵衛】 ~嘉永5年(1852)。大西家9代淨元の次男にあたります。大西家8代淨本が早世したため、大西家7代浄玄の門人で信濃国飯田奥平善四郎の子巳之助が大西家に養子に入り9代淨元となります。その後淨元の子二人の内、長男は10代淨雪として大西家を継ぎ、次男が奥平性を名乗り奥平家初代となりました。通称佐兵衛、号了保。なお、大西淨元も佐兵衛を名乗っていましたので、こちらを佐兵衛淨元、奥平を佐兵衛了保などと言います。兄の大西家10代淨雪と共に、近世の名人といわれ多くの作品を残しています。
写真





TOP