ID 04956
部門 茶碗
道具名 玉水焼黒茶碗 一元作 頑
価格 200,000円
説明 ≪径3.87寸(11.7㎝) 高さ2.68寸(8.1㎝)≫
【解説】 一元は楽家4代一入の庶子で山城国玉水村にて玉水焼を初めています。10代後半までは一入の元で育ち、その後母の実家である玉水に移っています。釉薬は一入とほぼ同じではありますが、作行は力強いのが特徴で、この茶碗のように光悦風の物も多くみられます。
写真





TOP