ID 04569
部門 懐石道具
道具名 利休形真塗汁次鍋 8代宗哲作
価格 60,000円
説明 《横8.90寸 縦7.03寸 高さ6.72寸》
【解説】茶事に於ける懐石料理にて客の汁を替えますが、普通1椀つつ水屋に持ち帰り新しい汁を持ち出しますが、昔は、汁器を持ち出し、各自に取り回しをしてもらうことが多くあったようです。覚々斎好みの鉄汁器や唐金もありますが、利休は唐金に黒漆を施したものを好んでいます。
写真





TOP