ID 04618
部門 茶碗
道具名 紅葉絵茶碗 即全造り 鵬雲斎
価格 350,000円
説明 04618紅葉の絵茶碗 即全造 鵬雲斎書付永楽家は14代得全が短命にて妻妙全が家を盛りたてが、昭和2年に76歳にて他界し、その後得全の甥正全が15代を直後に襲名する。しかし、正全も昭和7年なくなり、即全が昭和12年20歳にて永楽家を継いでいる。その後、平成10年80歳で亡くなるまでの60年間の永期に渡り作陶に従事してきた。 この茶碗のように胴を少し締めるロクロ廻しは歴代の中でも即全が得意としたものです。
写真

TOP