ID 04709
部門 茶碗
道具名 志戸呂焼平茶碗 時代
価格 180,000円
説明 志戸呂焼平茶碗 時代静岡県棒原郡志戸呂の焼物。
歴史は古いが、記録では、天正年間に美濃の陶工
加藤庄右衛門景忠がこの地にきて五郎左衛門と改名して
従業し、当時の浜松城主松平家康に認められたのが
志戸呂の名を知らしめたはじめです。
後、弟子が同名にて継ぎ、寛永年間に遠州の意匠をもって茶器を焼くようになりました。
その後廃窯になりましたが、近年復興されています。この作品は、遠州時代前後の物と思われます。
写真

TOP